最近おもらしより百合系のssしか書いてないです

未分類
11 /22 2017
最近ラブライブのssも百合系しか書いてない

しかもアニメではなく漫画版設定で・・・

大学生のちかりこ百合ssって・・・

流石におもらし以上にマイナー過ぎないか?

メインがPixivですし、こちらではしばらく更新しておらず状態・・・・

久しぶりの更新がコレって・・・・

ブログ、というよりTwitter?みたいなことになってます




黄金の大海原!
スポンサーサイト

花丸「幼少期のルビィちゃんのアルバムずら」

未分類
10 /25 2017
善子「へぇ、ルビィって昔は髪長かったんだ」ペラッ

花丸「そうだよ」

善子「幼稚園時代の幼いルビィ・・・・アリね!」b

花丸「ヨハネちゃんならわかってくれると思ってたずら!はい、コレ!」スッ

善子「・・・これは?」

花丸「マルの極秘写真集ずら!ここにはルビィちゃんの全てが詰まってるずら!」

善子「・・・・・読ませて頂きます・・・・ゴクリ」 ペラッ






『おむつを真っ黄色に染めて大泣きするルビィ』

善子「おおおおっ!!」

花丸「ルビィちゃんはね、人よりちょっとおむつ外れが遅かったんだよ♪」

善子「・・・・因みにいつまで?」キリッ

花丸「うーんとね、確かルビィちゃんが最後におむつをしたのは小学校の・・・」

善子「小学校の!?」

花丸「いや違った。中学入ってからすぐに習い事と一緒におむつも外したはず」

善子「ということは?」

花丸「ルビィちゃんは今でも時々おもらしするずら!」

善子「しゃああああっ!!!」

花丸「因みにその時の写真も勿論アルバムに入ってるよ」

善子「流石マルちゃん!」ペラッ

花丸「あ、これこれ!中学の修学旅行で意地になっておむつを履かなかった結果、もの凄く大きな地図を書いてたずら」




ルビィ『びぇぇぇぇんん!!』




善子「えっろいわね」

花丸「・・・・欲しい?」

善子「勿論」

花丸「じゃあオークションずら。まずは20万円から」

善子「バカ野郎!!」

花丸「ぶべらっ!?な、何故・・・?」

善子「マルちゃんには本当に失望したわ。貴女本当にルビィの幼馴染なの?」

花丸「そ、そうだけど・・・」


善子「幼稚園からずっと幼馴染やってきた貴女がまさかルビィとの思い出を20万円で売るなんて・・・」

花丸「そ、それは・・・・」

善子「ルビィの、いや!!ルビィが書いた地図ってのはね・・・・っ!!」





善子「100万積んでも足元にも及ばない国宝なのよっ!!」










花丸「はっ!!よ、ヨハネ様・・・おらが間違ってました」

善子「うむ、わかればいいのよ」

花丸「でもどうするの?100万円なんて、普通の高校生じゃとても用意出来ないし・・・」

善子「神は、このヨハネの美貌に嫉妬して人間の体に閉じ込めたのよ。全く、ヨハネってば本当に罪ね」

花丸「・・・・」チラッ

善子「・・・・」チラッ

ダイヤ「・・・・・」





よしまる「「という訳で泊めてくだs」」

ダイヤ「帰れ」




ルビィ「終わルビィ・・・」グスッ

ダイヤ「家には誰もいないのか・・・」

未分類
09 /17 2017
黒澤家

ダイヤ「お腹空いた・・・今日両親が旅行、ルビィは花丸さんとお出掛け・・・・」

ダイヤ「・・・・よしっ」

プルルルルッ・・・



ダイヤ『カップ麺買ってきて』

梨子「という呼び出しくらって、いきなりパシリに使われた」

ダイヤ「ありがとー」ズルズル

善子「梨子さんが呼ばれた理由はわかったけど、じゃあヨハネはなんで呼ばれたの?」

ダイヤ「ズル・・・あれ?善子さん、どうしてこちらまで?」

善子「あんたが呼び出したんでしょうが!人を呼び出してそれはないでしょ!」ウガー!

ダイヤ「冗談。冗談ですから。今日2人を呼び出した理由はお昼わざわざ作るのが面倒だからお使いのためだけじゃないわよ」

梨子(あ、一応そっちも理由だったんだ)

ダイヤ「はい、コレ」

善子「何これ・・・?」

ダイヤ「期間限定の抹茶プリン。この間の一件を黙っててくれたお礼がまだだったからね」

梨子「え?でもこんな高そうなの・・・いいんですか?」

ダイヤ「1人で食べるよりも皆で食べた方がおいしいものなのよ」

善子「そういうことなら遠慮なく!いただきまーす!」パクッ

善子「んー、とっても美味しい!」

ダイヤ「気に入って貰えてよかったわ・・・
(これからも、こんなダラけた素の私を含めて皆と仲良くしていけたら、それは凄く楽しいことでしょうね)」

梨子「ダイヤさん?」

ダイヤ「・・・じっくり味わって食べるのも、乙なものなのよ?何事もね」




第3話、完!これにて完結、終わルビィです!