ダイヤ「家には誰もいないのか・・・」

未分類
09 /17 2017
黒澤家

ダイヤ「お腹空いた・・・今日両親が旅行、ルビィは花丸さんとお出掛け・・・・」

ダイヤ「・・・・よしっ」

プルルルルッ・・・



ダイヤ『カップ麺買ってきて』

梨子「という呼び出しくらって、いきなりパシリに使われた」

ダイヤ「ありがとー」ズルズル

善子「梨子さんが呼ばれた理由はわかったけど、じゃあヨハネはなんで呼ばれたの?」

ダイヤ「ズル・・・あれ?善子さん、どうしてこちらまで?」

善子「あんたが呼び出したんでしょうが!人を呼び出してそれはないでしょ!」ウガー!

ダイヤ「冗談。冗談ですから。今日2人を呼び出した理由はお昼わざわざ作るのが面倒だからお使いのためだけじゃないわよ」

梨子(あ、一応そっちも理由だったんだ)

ダイヤ「はい、コレ」

善子「何これ・・・?」

ダイヤ「期間限定の抹茶プリン。この間の一件を黙っててくれたお礼がまだだったからね」

梨子「え?でもこんな高そうなの・・・いいんですか?」

ダイヤ「1人で食べるよりも皆で食べた方がおいしいものなのよ」

善子「そういうことなら遠慮なく!いただきまーす!」パクッ

善子「んー、とっても美味しい!」

ダイヤ「気に入って貰えてよかったわ・・・
(これからも、こんなダラけた素の私を含めて皆と仲良くしていけたら、それは凄く楽しいことでしょうね)」

梨子「ダイヤさん?」

ダイヤ「・・・じっくり味わって食べるのも、乙なものなのよ?何事もね」




第3話、完!これにて完結、終わルビィです!


スポンサーサイト