にゃんこのおもらしコレクション

もじクエ
07 /08 2017
まず最初のコレクションはこちら!

この夏のメインイベントである水着とチアリーダー服でおもらし!
恥ずかしさと悲しさ、悔しさで満ちた初々しい表情が素敵です!
いい意味で、夏の熱さがノンストップ!







コレクションその2

先程の初々しい2つと違って、タナトスとパイアンの時はガチでそういうプレイをしているみたいな色気を感じる!

特にタナトスにゃんこのおもらしシーンがどことなくノリノリに見えるのは自分の気のせいではないと思いたい・・・








ですが自分の、にゃんこコレクションの中で1番のお気に入りおもらしはこちら!!








オーソドックスな【制服おもらし】です!
やっぱり女子高生という最もたる証をおもらしという粗相で台無しにする姿がNo.1です!








いやいやいや、見るなと言われると見たくなるのが人間の性(さが)なんだよなぁ・・・


スポンサーサイト

もじクエ寸劇その3

もじクエ
07 /07 2017
流石にそのまま放置してしまうと風邪を引いてしまうので、おもらししちゃったにゃんこ(とはむこ)にお着替えセットを渡したけど、流石に人前では着替えられないみたい。






・・・・・・ということで仕方ないので、ここから1番近いダンジョンに足を運んだ。





にゃんこ「(・・・寒い)ここで、着替えろっていうの?////」

レグマ「ここが1番近いダンジョンだった訳だ。すまないが緊急事態ということで、我慢しては貰えないだろうか?」

はむこ「にゃんこ・・・我が儘言わずに、着替えよう、ね?////」

にゃんこ「・・・・わかったわよ////」






まあ・・・・善所はしよう








続きを読む

もじクエ寸劇その2

もじクエ
07 /07 2017
前回、皆が見ている前でおもらししてしまったにゃんこちゃん。








あれだけ膀胱パンパンになるまでおしっこを溜めていたにも関わらず、本当は我慢出来たなどと主張!しかも自分の情けない失禁を事故とまで言い張る模様。これを受けたパーティーメンバーは?


「流石に無理があるのでは?」レグマ氏

「あれだけ我慢してたら仕方ないよ」ともっち氏

「元気出してください・・・」ひめ氏











同じようにおもらししたはむこちゃんは素直におもらしを認めたというのに、全くこの娘は・・・






最高だぜえええええええ!!!
ふぅっ・・・・ごちそうさまです☆

もじクエ寸劇その1

もじクエ
07 /07 2017
久しぶりにもじクエ起動したらいきなり
にゃんこがもの凄くおしっこ我慢してた




集中砲火で案の定やられてしまう・・・






このままでは勝ち目がないと察して(スタートをやり直して)町まで戻ろうとするも・・・





にゃんこは皆が見ている前でおしっこを漏らしてしまった。にゃんこよ、これは嘘ではない。
君がおしっこを漏らしたのは現実なのだ!


善子「月に1度の同人語り」

ラブライブ
07 /07 2017
桜内家


善子「おじゃましまーす」

梨子「よっちゃん!いらっしゃい」



毎月1度、お互いに予定がない日は梨子さんと2人で好きな同人誌について語っている。今回は梨子さんの家なのだが、普段はどちらの家に集合するか、というのは特には決めていなかった。


梨子「飲み物アイスティーしかなかったけど、別にいいよね?私レズたし」

善子「まあアイスティーはレズの定番だしね。オッケーよ」

梨子「あ、そうだ!レズといえば~~!じゃーん!かなまりの壁ドン本!!」

善子「あー、そういえば梨子さんここ最近ずっと果南さんと鞠莉さん見てたもんね」




梨子「このかなまり本はね、普段おちゃらけて果南さんをからかってる鞠莉さんが反撃喰らって終始ドキドキさせられっぱなしのお話なんだ!」

善子「・・・ほうほう(何か思ったより気になり出したぞ)」

梨子「特に果南さんが足使って壁ドンしてる姿が凛々しくて!それに壁ドンは手だけじゃないんだって、新しい世界も見られて素晴らしかったわ」

善子「・・・・・帰りに貸してくれる?」

梨子「勿論」

善子「・・・」スッ 梨子「・・・」ガシッ


よしりこは固い握手を結んだ





梨子「あ、あとはいコレ。ルビまる本」

善子「流石!ありがとうございます!・・・って、あれ?何コレ?」

梨子「あ、ごめん。それ私のだ」

善子「何々・・・三角フラスコのしょんべんカーブシリーズ第5段」

梨子「それおもらし物だし、よっちゃんあんまり興味ないでしょ?」

善子「まあ興味ないわね。そもそもそれ18禁だし・・・」

梨子「よっちゃんって意外と真面目だよね」

善子「いや、性的エロスよりも萌えのほうが好きなだけよ。エロ同人だって嗜むわ」




善子「ってかその三角フラスコで思い出したんだけどさ、あおいちゃんってシンカーはそこそこ有能なんだけど他が全然で扱い辛いのよね」

梨子「そうなんだ」

梨子「カーブなんてそれこそ小便カーブだし。球速は女子のアンダーってとは思えない異次元の速さなんだけど、それでも球速は別段長所でもないっていう不遇っぷりよ」

梨子「私ゲームはあんまりやらないからよくわからないかな(苦笑い」

善子「えー・・・そんなんでよくシリーズ集めたわね」

梨子「あ、私がシリーズ全部揃えてるのがわかる?」

善子「・・・・まぁ、一応」




善子「うわ、見事に登場人物が女の子しか居ないわね。某ハゲなんて影も形もない」

梨子「なんだかんだ読むんだね」

善子「・・・この同人作家売れてるの?」

梨子「さあ?そもそも私売れ筋重視じゃないから」

善子「そう。あ、ピッチャー返し」ペラッ

梨子「そうそう!あおいちゃんがピッチャーライナー避けた瞬間!!」





あおい『あ、ぁぁぁぁ・・・』ジョボボボボ




梨子「ムフッ、いいわね。こういうの!マウンドという逃げ道のない孤独な場所で、皆の前でおしっこをもらしちゃう瞬間は!!」

善子「まあ、高校野球のデビュー戦みたいだし、あり得なくはない・・・のかしら?」

梨子「よかったら他のシリーズも!!」

善子「いや、流石に遠慮しとく」




まさか男を一切出さないで女の子だけを出演させるパワプロ同人作家なんてものが存在するとは・・・しかもおもらし物


善子「・・・・マニアック過ぎでしょ」





善子「もうこんな時間。そろそろ帰るわね」

梨子「はーい。忘れ物ないようにね」

善子「ルビまる、かなまりに紛れて何入れてるのよ・・・」

梨子「まあまあ、貸してあげてるんだからこれぐらい許して」




善子「と言われて無理矢理持たされたしょんべんカーブの第2段・・・」

善子「・・・・・」





善子「・・・・・誰も見てないし、ちょっとだけ、ちょっとならいいよね?」

善子はしょんべんカーブに手を出した




善子がしょんべんカーブに理解を示す日が、もしかしたら来るかもしれない・・・



メノ^ノ。^リ「終わリリー」

続きを読む